パターンごとの対処|まだ油断禁物!過払い金請求にかかる費用を要チェック

まだ油断禁物!過払い金請求にかかる費用を要チェック

パターンごとの対処

男性

相続税の納税手続きを税理士に頼む人が大勢います。普段税務申告書を作成した人がない人が、被相続人の死亡から10ヶ月以内に適正な納税手続きを終えるというのは、決して簡単なことではありません。遺産分割協議がなかなかまとまらず、納税期限ギリギリになってから納税申告書の作成に取り掛かることになるケースがよくありますので、専門家である税理士に納税手続きを頼んでしまうようにするのが得策です。税理士を頼む際には、単に納税手続きを代行してくれるようになっているのではなく、遺産分割のパターンごとに相続税のシミュレーションを行ってくれるような税理士を選ぶようにするのが望ましいです。実は、遺産分割方法によって、相続税額が大きく変わってくる可能性があります。様々な分割パターンごとのシミュレーションを提示してくれるようになっていると、素人でも判断を下しやすくなります。相続税のシミュレーションサービスを提供している税理士が結構たくさんいますので、探してみることをおすすめします。

昔は税理士会が定めた報酬基準に則った料金しか徴収できないことになっていましたが、現在の税理士報酬は完全に自由化されています。したがって、どこの税理士事務所に相続税の納税手続きを頼むかによって、発生する料金に違いが生じてきます。ただし、先程述べたようなシミュレーションサービスを利用したからといって、別料金が発生してしまうようなことはまずありません。多くの税理士事務所が、財産額の何%といった形で報酬を決めるシステムを採用しています。現実的なことを考えると、財産額の0.5〜1.0%程度の料金設定になっているケースが多いです。どの税理士事務所も、実際の業務に取り掛かる前に詳細な料金見積もりを提示してくれるようになっていますので、納得した上で契約を結ぶことができます。

Copyright © 2017 まだ油断禁物!過払い金請求にかかる費用を要チェック All Rights Reserved.